毎年必ずと言っていい程、インフルエンザが流行するようになっています。家族の誰かがインフルエンザにかかると全員にうつってしまうことがあるので、一人一人が注意しなければなりませんね。
インフルエンザにかかると学校に通っている子供は登校できなくなります。出席停止の措置が取られるため、期間が明けるまでは登校することはできません。いざという時のためにも出席停止期間の数え方を確認しておきましょう。インフルエンザにかかると高い熱が出ますが、解熱した後に二日が経過していることや最初に発症してから五日が経過していることが登校の条件となります。この場合の発症とは何を指しているのか曖昧だと思う方もいるでしょう。喉が痛くなったり咳が出るといった症状も発症になりますが、出席停止期間を数える時は熱が出てからが発症となります。また熱が出始めた当日を一日目と数えることはできず、翌日が一日目となるので気を付けましょう。
小学校や中学校だけでなく、保育園や幼稚園も同じように出席停止となります。このような施設では子供たちが集団で生活を送っているため、一人が発症すると次々にうつってしまうことが予想されます。
インフルエンザは感染力が強いですから、予防するためにも毎年予防接種を受けることが大切です。予防接種は個人的に病院に行って受けてもいいですが、この場合は費用が発生します。会社によっては予防接種を会社負担で行っている場合もあります。会社負担なら費用がかかりませんから得した気分にもなるでしょう。インフルエンザの予防接種を会社負担にすることによって、多くの社員が感染して業務に支障が出ることを未然に防げるという会社側のメリットがあるのです。