毎年秋から冬にかけて、日本で蔓延してしまう病気にインフルエンザがあります。
なぜその時期に流行るのかというのは、いろいろな要因がありますが、一番に乾燥する時期だということもあげられます。
インフルエンザウィルスは乾燥にとても強いということと感染力が強いということがあげられます。
ウィルスが飛沫感染ということで目に見えないということで、知らず知らずのうちに人からひとえ感染が広がってしまいます。
とくに東京や福岡のような大都市の場合、人の集まる場所も多いので、あっという間に大規模に感染者が増加する傾向にあります。
とくに幼児や高齢者は免疫力が弱いので、罹ってしまったら重篤な症状になるケースがありますから、注意が必要です。
そのような人や、人口の多い東京や福岡の人は、インフルエンザにならないために、どのような対策をしたらいいのでしょうか?正直にいって、これをすれば100%インフルエンザに罹らないという方法は、ありません。
手洗いうがいを徹底しても、疲労がたまっていたりして免疫力が弱くなっていると感染するリスクが高まります。
ですからまずはインフルエンザワクチンの予防接種をすることが必要です。
インフルエンザワクチンを接種することで、かりにインフルエンザに感染してしまったとしても重篤な症状にならなくて済む可能性があがります。
さらに東京や福岡など人口が多い地域に住む人や、幼児や高齢者はインフルエンザが猛威を振るっているときは、なるべく人ごみにでないとか、手洗いやマスクを徹底させるなど、自分でもかからないように注意するだけでちがいます。
また日常生活でも疲れをためないようにしたり、食生活に気を付けるなど心がけることも大切です。