インフルエンザ発症直後からしばらくの間、38度以上の高い熱が出ます。
この高熱はインフルエンザの特徴の一つで、少しずつ上がっていったのではなく、まったく熱を感じない状態から一気に38度から40度程度の熱が出た場合は、インフルエンザにかかったことを疑った方がいいでしょう。

ただ、高熱が出たからといって必ずしもインフルエンザになったとは限りません。
普通の風邪でも38度以上の熱が出ることはあります。
なので、自分がインフルエンザにかかったのかどうかを確認したい場合は、症状が出てから48時間以内に病院に行くようにしましょう。
もし、インフルエンザであれば、発症から48時間以内に飲むことで効き目が出る薬があるからです。
三、四日時間をおいてから病院に行った場合、もし、インフルエンザと診断されても、その時点で特別有効な薬というのはないので、なるべく早く病院に行くのが重要です。

高熱が出て病院に行った後は、とにかく安静にしましょう。
病院に行くまでの間には、市販の解熱剤などは飲まない方がいいでしょう。
病院に行って、インフルエンザなのか、それともただの風邪なのかということを診断してもらい、もし医師が解熱剤を処方したら、それを飲むのが安全です。
水枕などで額を冷やすのは特に問題がありません。

熱はだいたい一週間もすれば平熱に戻り、体も動くようになりますが、注意が必要なのは、体内にはまだウイルスが少し残っているということです。
なので、熱が下がったからといって繁華街にマスクもせずに出掛けていったりすると、周囲の人に感染させてしまう可能性があります。
また、咳やくしゃみをした時に口元を手で押さえると、ウイルスが手につくので、こまめにアルコールで手を洗って除菌しましょう。
リレンザの予防投与とインフルエンザ対策